(読み)ヒャク

デジタル大辞泉の解説

ひゃく【百】

10の10倍。10の2乗。また、数の多いこと。もろもろのこと。「の説教」
年齢の100歳。「に手の届こうという老人」
銭の100文。
[補説]証書などに金額を記すときに「陌」「佰」を用いることがある。
書名別項。→

ひゃく【百】[漢字項目]

[音]ヒャク(呉) ハク(漢) [訓]もも
学習漢字]1年
数の名。10の10倍。「百人数百
数が多い。たくさんの。「百科百貨百官百事百獣百戦百代百般凡百
[名のり]お・と・も
[難読]百済(くだら)百日紅(さるすべり)百足(むかで)百舌(もず)八百万(やおよろず)百合(ゆり)

ほ【百】

[語素]「や(八)」「い(五)」など、数を表す語の下に付いて何百のを表す。現代では「やお(八百)」「いお(五百)」などのように、「お」と発音する。

もも【百】

ひゃく。また、他の語に付いて複合語をつくり、数の多いことを表す。「枝(え)」「度(たび)」「手」
「耳には寺の鐘―ばかりも」〈鴎外訳・即興詩人

ひゃく【百】[書名]

色川武大短編小説。老いて痴呆の症状が出てきた父との関係を描いた私小説。昭和57年(1982)発表。同年、第9回川端康成文学賞受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひゃく【百】

数の名。一〇の10倍。もも。
多くのもの。たくさんあること。 「 -の説法も及ばぬ」
一〇〇歳。 「お前-までわしゃ九十九まで」
銭百文。 〔金銭証書などでは大字の「佰」を用いる〕

ひゃく【百】

【百】 [音] ヒャク
一〇の10倍。 「百首」
数や種類が非常に多いこと。 「百害・百事・百獣・百出・百態・百聞・百科・百家・百貨・百官・百計・百般・凡百・百戦錬磨・百鬼夜行・百発百中」

ほ【百】

「百ひやく」の意。「五―(いお)」「八―(やお)」などと用いられ、現代では「お」と発音される。

もも【百】

ひやく。転じて、非常に数の多いことを表す。名詞の上に付けても用いられる。 「 -に千に人は言ふとも/万葉集 3059」 「 -日」 「 -夜」 「 -千鳥」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ひゃく【百】

〘名〙
① 数の名。十の十倍。千の十分の一。もも。
※律(718)名例「凡雑戸、陵戸犯流者、近流決杖一百、一等加三十、留住倶役三年」
② 多くのもの。種々のもの。もろもろのもの。もも。
③ 銭(ぜに)百文。
※浮世草子・西鶴織留(1694)二「されば人出生してより毎日銭壱文づつ溜て、百より一割の利を掛て、六十歳の時は六拾貫目になりぬ」
④ 年齢の百歳。また、老齢。高年。
※俳諧・毛吹草(1638)二「すずめ百までおどりわすれぬ」
※俳諧・広原海(1703)四「百の媚手爾葉違ひの百の面(つら)
※歌謡・粋の懐(1862)五・大津絵節「不細工者でお前は百かいな」
※雑俳・柳筥(1783‐86)二「女郎より芝屋の百は品がよし」

ほ【百】

語素〙 百。「もも」が単独で用いられるのに対して、「ほ」は、何百という時に使うもので、普通、「いお(五百)」「やお(八百)」などのように「お」と発音される。〔観智院本名義抄(1241)〕

もも【百】

〘名〙 数の一〇〇。また、数の多いことを表わす。名詞助数詞の前に直接つけたり、助詞「の」を介して名詞を修飾したりする。「百重(ももえ)」「百度(ももたび)」や「百の媚(こび)」「百の官(つかさ)」など。
※尊経閣本元輔集(990頃)「天徳二年右大臣ももの賀の屏風歌」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

百の関連情報