コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒャク

デジタル大辞泉の解説

ひゃく【百】

10の10倍。10の2乗。また、数の多いこと。もろもろのこと。「の説教」
年齢の100歳。「に手の届こうという老人」
銭の100文。
[補説]証書などに金額を記すときに「陌」「佰」を用いることがある。
書名別項。→

ひゃく【百】[漢字項目]

[音]ヒャク(呉) ハク(漢) [訓]もも
学習漢字]1年
数の名。10の10倍。「百人/数百」
数が多い。たくさんの。「百科百貨百官百事百獣百戦百代百般凡百
[名のり]お・と・も
[難読]百済(くだら)百日紅(さるすべり)百足(むかで)百舌(もず)八百万(やおよろず)百合(ゆり)

ほ【百】

[語素]「や(八)」「い(五)」など、数を表す語の下に付いて何百のを表す。現代では「やお(八百)」「いお(五百)」などのように、「お」と発音する。

もも【百】

ひゃく。また、他の語に付いて複合語をつくり、数の多いことを表す。「枝(え)」「度(たび)」「手」
「耳には寺の鐘―ばかりも」〈鴎外訳・即興詩人

ひゃく【百】[書名]

色川武大短編小説。老いて痴呆の症状が出てきた父との関係を描いた私小説。昭和57年(1982)発表。同年、第9回川端康成文学賞受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひゃく【百】

数の名。一〇の10倍。もも。
多くのもの。たくさんあること。 「 -の説法も及ばぬ」
一〇〇歳。 「お前-までわしゃ九十九まで」
銭百文。 〔金銭証書などでは大字の「佰」を用いる〕

ひゃく【百】

【百】 [音] ヒャク
一〇の10倍。 「百首」
数や種類が非常に多いこと。 「百害・百事・百獣・百出・百態・百聞・百科・百家・百貨・百官・百計・百般・凡百・百戦錬磨・百鬼夜行・百発百中」

ほ【百】

「百ひやく」の意。「五―(いお)」「八―(やお)」などと用いられ、現代では「お」と発音される。

もも【百】

ひやく。転じて、非常に数の多いことを表す。名詞の上に付けても用いられる。 「 -に千に人は言ふとも/万葉集 3059」 「 -日」 「 -夜」 「 -千鳥」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

百の関連キーワード佐賀県唐津市相知町平山上ヤオハンジャパン[株]オリンピックリレーE. グリシンパイリンミアオ勅修百丈清規百パーセント日本百名山短距離競走堀河百首百子全書山刄夜又五大力船百度参りパイソー百済王氏百発百中百も承知吉田源應永久百首

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

百の関連情報