コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

百地三太夫 ももち さんだゆう

2件 の用語解説(百地三太夫の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

百地三太夫 ももち-さんだゆう

伝承上の忍者。
寛文(1661-73)ごろの読み本「賊禁秘誠談」に,伊賀(いが)(三重県)の郷士で石川五右衛門の忍術の師として登場。立川文庫では伊賀流忍術の祖として創作され,五右衛門のほかに霧隠才蔵を弟子とした。史実上の近似の人物としては,天正(てんしょう)9年(1581)織田信長の伊賀攻めに敗れた土豪百地丹波守が知られている。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

百地三太夫

生年:生没年不詳
戦国時代の忍者。伊賀流(百地流)忍術の創始者といわれ,伊賀三上忍のひとり。伊賀国(三重県)名張中村の百地清右衛門の嫡男として生まれ,百地丹波三太夫泰光と名乗った。『伊乱記』には,天正9(1581)年名張の柏原合戦で奮戦して織田信長の軍を悩ませたとの記述がある。伝承ではこの合戦で戦死した説と,十数年後まで生存した説がある。同姓同名の甥がいたため経歴が混同されているが,弟子に石川五右衛門がおり,伊賀流忍術の極意は霧隠才蔵に伝授したとも伝わる。名張市竜口に百地屋敷とされるものが残っており,上野市喰代にも遺跡と子孫の百地三之丞が享保年間(1716~36)に建立した供養塔(青雲禅寺)がある。

(名和弓雄)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百地三太夫の関連キーワード伊賀流霧隠才蔵忍者伊賀流ビール甲賀流忍術屋敷忍者丹波大介伊賀の忍者観光三重県伊賀市上野丸之内芥川義矩藤田西湖

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

百地三太夫の関連情報