コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

百部 ビャクブ

デジタル大辞泉の解説

びゃく‐ぶ【百部】

ビャクブ科の蔓性(つるせい)の多年草。根は紡錘形をし、葉は広楕円形で、数枚が輪生する。7月ごろ、葉のわきに淡緑色の4弁花をつける。中国の原産で、日本へは江戸時代に渡来。根を煎(せん)じて駆虫薬に用いた。ほどつら。つるびゃくぶ。

ほど‐つら【百部】

《「ほどづら」とも》ビャクブの別名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

びゃくぶ【百部】

ビャクブ科の多年草。中国原産。江戸時代に渡来し、薬草として栽培された。茎はつる性で長く伸び、葉は卵形で光沢がある。夏、淡緑色の小花を開く。紡錘形に肥厚した根が多数つき、漢方で鎮咳薬とし、またシラミの駆除に用いられる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

百部 (ビャクブ・ホドカズラ)

学名:Stemona japonica
植物。ビャクブ科の多年草,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

百部の関連キーワード大日本国語辞典ガーディアン十返舎一九村井古巌佐野経彦シラミ速度出版

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

百部の関連情報