コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

盗み魚 ぬすみうお

3件 の用語解説(盗み魚の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

盗み魚
ぬすみうお

漁民が漁獲物の正規の分配であるしろわけ以外のものを盗む習俗。カンダラドウシンボウなどともいう。この盗みは,船子の給金を補うために必要なものとして黙認されていた。それも一定しない漁獲高のために多額の固定給が得られないためであった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ぬすみ‐うお〔‐うを〕【盗み魚】

漁夫が漁獲物をくすねること。道心坊。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

盗み魚
ぬすみうお

漁場に働く漁師や手伝いの者が漁獲物をくすねること。単なる盗みではなく、公然と盗むことで、漁師仲間の間で公許された盗みとされる。
 この習俗は、一般に東日本ではドウシンボウ、西日本ではカンダラなどとよび、漁村では古くから行われているが、その原因については種々取りざたされている。一般には、表向きの「しろわけ」(分け前)が十分でないこと、不安定な報酬に対する補いのための行為とみられているが、本来は信仰的な背景のもとに成り立っていたのであろう。しかしこの点はまだ十分解明されておらず、また今日ではこの習俗が行われなくなってきており、その意味も忘れられようとしている。[野口武徳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

盗み魚の関連キーワード正規軍対数正規分布分配色分け禁漁期九一金白羽代分け道心坊ラックレート