コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

直仁親王(1) なおひとしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

直仁親王(1) なおひとしんのう

1335-1398 南北朝-室町時代,花園天皇の皇子。
建武(けんむ)2年生まれ。誕生とともに光厳(こうごん)上皇の養子となる。貞和4=正平(しょうへい)3年北朝の崇光(すこう)天皇の皇太弟となるが,観応(かんのう)2=正平6年足利尊氏が南朝に帰順し廃された。大和(奈良県),河内(かわち)(大阪府)にうつされたのち,延文2=正平12年京都にかえる。出家後,萩原宮とよばれた。応永5年5月14日死去。64歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

直仁親王(1)の関連キーワード室町時代南北朝

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android