相図

  • phase diagram
  • そうず〔サウヅ〕
  • ソウズ

岩石学辞典の解説

指定された組成の系内で,その周囲平衡に存在する相の数とその組成,ならびに各相の相対量を,温度,圧力,組成などを座標として表した図.様々な相の安定領域を示している.物質系の状態変数の間の関係を図示したもので,多くの場合に不均一系平衡多相平衡)に関するものを意味している.一つの系について任意の濃度,任意の温度において平衡状態にある各種の相の種類と相互量を図示したものである [吉木 : 1959,片山ほか : 1970,長倉ほか : 1998].相状態図(phase diagram),構成状態図(constitution diagram),平衡状態図equilibrium diagram)[ゴードン : 1971].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

世界大百科事典内の相図の言及

【状態図】より

…通常は,合金や溶液などで二つ以上の相が平衡で分離共存する場合のものを指し,平衡図equilibrium diagram,平衡状態図とも呼ばれる。統計力学の分野では,相図と呼ばれることが多い。 相律によって,1成分系の自由度は最大でも2なので,温度と圧力を変数とすることによって,すべての相を含む状態図を表すことが可能である。…

※「相図」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

医食同源

病気を治療するのも日常の食事をするのも、ともに生命を養い健康を保つために欠くことができないもので、源は同じだという考え。[補説]古くから中国にある、体によい食材を日常的に食べて健康を保てば、特に薬など...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

相図の関連情報