コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相対的貧困率 ソウタイテキヒンコンリツ

デジタル大辞泉の解説

そうたいてき‐ひんこんりつ〔サウタイテキ‐〕【相対的貧困率】

ある国や地域の大多数よりも貧しい相対的貧困者の全人口に占める比率。→絶対的貧困率貧困率
[補説]OECD(経済協力開発機構)では、等価可処分所得世帯可処分所得を世帯人数の平方根で割って算出)が全人口の中央値の半分未満の世帯員を相対的貧困者としている。相対的貧困率は、単純な購買力よりも国内の所得格差に注目する指標であるため、日本など比較的豊かな先進国でも高い割合が示される。平成24年(2012)の日本の貧困線は122万円、相対的貧困率は16.1パーセント(平成25年国民生活基礎調査より)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

相対的貧困率

世帯の可処分所得などをもとに子どもを含めて家族一人一人の所得を仮に計算し、順番に並べた時、真ん中の人の額の半額(貧困線)に満たない人の割合。子どもの貧困率は、18歳未満で貧困線に届かない人の割合のこと。今回の貧困線は122万円。

(2017-06-27 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

相対的貧困率
そうたいてきひんこんりつ

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

相対的貧困率の関連キーワード子供の未来応援国民運動米国の子どもの貧困子どもの幸福度子どもの格差貧困ラインピケティ補説

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

相対的貧困率の関連情報