コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相馬顕胤 そうま あきたね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

相馬顕胤 そうま-あきたね

1508-1549 戦国時代の武将。
永正(えいしょう)5年生まれ。相馬盛胤(もりたね)の子。相馬氏14代。陸奥(むつ)小高城(福島県)城主。妻は伊達稙宗(たねむね)の娘。天文(てんぶん)9年,稙宗とその子晴宗があらそった伊達家の「天文の大乱」には晴宗とたたかい,稙宗を小高城にひきとった。天文18年2月2日死去。42歳。通称は孫次郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

相馬顕胤の関連キーワード足利義澄岡山城アルブレヒトWilhelm尋尊島津忠昌八条房繁足利義澄足利義稙ラファエッロ

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone