コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

介抱 カイホウ

デジタル大辞泉の解説

かい‐ほう〔‐ハウ〕【介抱】

[名](スル)
病人・けが人・酔っぱらいなどの世話をすること。看護。「手厚く介抱する」
助けてめんどうをみること。保護。後見。
「亀屋の世継忠兵衛…敷銀(しきがね)もって養子分、後家妙閑の―故」〈浄・冥途の飛脚

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かいほう【介抱】

( 名 ) スル
病人やけが人の世話をすること。看護。 「病人を-する」
保護すること。後見として面倒をみること。 「誠の親より大切に-ありし甲斐もなく/浄瑠璃・二つ腹帯」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

介抱の関連キーワード俸・倣・包・呆・堡・報・奉・宝・寶・封・峰・崩・幇・庖・彷・抛・抱・捧・放・方・朋・法・泡・烹・烽・疱・砲・硼・縫・胞・芳・萌・蓬・蜂・袍・褒・襃・訪・豊・豐・逢・邦・鋒・飽・鳳・鵬悔・海・乖・介・会・偕・喙・回・塊・壊・壞・廻・快・怪・恢・悔・懐・懷・戒・拐・改・晦・會・械・楷・海・潰・灰・界・皆・絵・繪・芥・解・誡・誨・諧・開・階・魁楽劇トリスタンとイゾルデチャールズ ムーア同音語のアクセント執り見る・取り見るセバスティアヌス夜の目も寝ない芦屋道満大内鑑死に水を取るやいのやいの十二段草子情けごかし執り見るかっぱと正気付くセコンド健立つ舌切雀湯屋番

介抱の関連情報