介抱(読み)カイホウ

デジタル大辞泉の解説

かい‐ほう〔‐ハウ〕【介抱】

[名](スル)
病人・けが人・酔っぱらいなどの世話をすること。看護。「手厚く介抱する」
助けてめんどうをみること。保護。後見。
「亀屋の世継忠兵衛…敷銀(しきがね)もって養子分、後家妙閑の―故」〈浄・冥途の飛脚

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かいほう【介抱】

( 名 ) スル
病人やけが人の世話をすること。看護。 「病人を-する」
保護すること。後見として面倒をみること。 「誠の親より大切に-ありし甲斐もなく/浄瑠璃・二つ腹帯」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かい‐ほう ‥ハウ【介抱】

〘名〙
① 助けいだくこと。世話をすること。保護すること。
※上杉家文書‐(年未詳)(室町)一〇月一二日・直江重光兼続自筆起請文案「さとさま御かいはうをわすれ、貴所とおやこのけいやくをちかへ、ふさた申へき心中無之事」
※甲陽軍鑑(17C初)品四七「志村、むかさをかいほうして宿をかし懇するほどに」
② 傷病者、よっぱらいなどを看護すること。
※虎寛本狂言・止動方角(室町末‐近世初)「『したたかに腰を打た』『夫は気のどくな事で御ざる。それへ参て、御介申度うは御座れ共』」
③ 江戸時代、遠島(おんとう)に処せられた者に家族、召使などが島まで付き添っていき、その面倒をみること。
※御仕置例類集‐古類集・二・天明八年(1788)御渡「右嶋え附添罷越、父之介抱仕度旨、奉願候段」
④ 江戸時代、幕府の蝦夷交易のこと。御救交易ともいう。蝦夷を介抱するという意味であるが、実際には与えるところが少なく、得るところが大であったという。
※休明光記附録一件物(1807)三「カラフト嶋蝦夷人共え交易介抱相始め候番所補理之年暦」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

介抱の関連情報