コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真下飛泉 ましも ひせん

2件 の用語解説(真下飛泉の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

真下飛泉 ましも-ひせん

1878-1926 明治-大正時代の歌人,詩人。
明治11年10月15日生まれ。小学校訓導,校長をつとめ,のち京都市会議員となる。初期明星派の歌人。軍歌「戦友」の作詞者。大正15年10月25日死去。49歳。京都出身。京都師範卒。本名は滝吉。筆名は別に滝郎。著作に「叙事唱歌集」「童謡の研究」。
【格言など】ここはお国を何百里,離れてとほき満州の,赤い夕日に照らされて,友は野末の石の下(「戦友」)

真下飛泉 ました-ひせん

ましも-ひせん

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

真下飛泉の関連キーワード鈴木小舟丸岡桂香川不抱木村芳雨蕨真佐藤嘲花篠原志都児弾琴緒堀河護麿望月太左衛門(8代)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone