真下飛泉(読み)ましも ひせん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

真下飛泉 ましも-ひせん

1878-1926 明治-大正時代の歌人,詩人。
明治11年10月15日生まれ。小学校訓導,校長をつとめ,のち京都市会議員となる。初期明星派の歌人。軍歌「戦友」の作詞者。大正15年10月25日死去。49歳。京都出身。京都師範卒。本名は滝吉。筆名は別に滝郎。著作に「叙事唱歌集」「童謡の研究」。
【格言など】ここはお国を何百里,離れてとほき満州の,赤い夕日に照らされて,友は野末の石の下(「戦友」)

真下飛泉 ました-ひせん

ましも-ひせん

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

やけど虫

昆虫の一種「アオバアリガタハネカクシ」の俗名。体長7ミリ程度で細長く、頭と尻が黒色、胸部と腹が橙色、中央の短い羽根の部分は藍色という特徴的な外見をしている。日本全土に生息し、6月~8月が活動の最盛期。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android