戦友(読み)せんゆう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

戦友
せんゆう

軍歌の曲名。真下飛泉(ましもひせん)(1878―1926)作詞、三善和気(みよしかずおき)作曲。楽譜は1905年(明治38)9月、京都・五車楼書店刊。京都師範附属小学校訓導であった真下は、日露戦争に際して、小学生にも歌える軍歌として初めて口語体の歌をつくった。すなわち、「学校及家庭用言文一致叙事唱歌」の表題で2月に『出征』を発表したところ、大反響をよぶ。そこで『露営』『戦友』と続編をつくり、『村長』まで12編を出版した。なかでも教育勅語の主旨を生かしたという『戦友』は、平易な歌詞と哀調を帯びた旋律が全国で愛唱され、さらに10年ごろからは演歌師にも歌われた。太平洋戦争中は、歌詞が厭戦(えんせん)的だという理由で、軍部から歌唱を禁じられた。

[倉田喜弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉の解説

せん‐ゆう〔‐イウ〕【戦友】

同じ部隊に属して生活をともにし、戦闘に従事する仲間。戦場でともに戦った友。
(比喩的に)仕事やスポーツなどで、厳しい競争を共に経験した仲間。「会社の黎明期に苦労を共にした戦友」「全国大会に出場した、かつての戦友たちが集う」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

せん‐ゆう ‥イウ【戦友】

〘名〙 同じ部隊に属して、戦闘に従事する兵士。戦闘の場、生活などをともに過ごした仲間。また、同じ部隊に属する兵士。〔大全字林玉篇(1882)〕
※風俗画報‐八二号(1894)旅順口占領「勇敢なる我歩兵第三聯隊は〈略〉戦友(センイウ)の屍を踏みて猛進し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android