コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戦友 センユウ

デジタル大辞泉の解説

せん‐ゆう〔‐イウ〕【戦友】

同じ部隊に属して生活をともにし、戦闘に従事する仲間。戦場でともに戦った友。
(比喩的に)仕事やスポーツなどで、厳しい競争を共に経験した仲間。「会社の黎明期に苦労を共にした戦友」「全国大会に出場した、かつての戦友たちが集う」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

せんゆう【戦友】

戦場でともに戦った仲間。同じ部隊に属している同僚。
(比喩的に)つらい仕事をともにした仲間。 「倒産後の混乱をともにした-」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

戦友
せんゆう

軍歌の曲名。真下飛泉(ましもひせん)(1878―1926)作詞、三善和気(みよしかずおき)作曲。楽譜は1905年(明治38)9月、京都・五車楼書店刊。京都師範附属小学校訓導であった真下は、日露戦争に際して、小学生にも歌える軍歌として初めて口語体の歌をつくった。すなわち、「学校及家庭用言文一致叙事唱歌」の表題で2月に『出征』を発表したところ、大反響をよぶ。そこで『露営』『戦友』と続編をつくり、『村長』まで12編を出版した。なかでも教育勅語の主旨を生かしたという『戦友』は、平易な歌詞と哀調を帯びた旋律が全国で愛唱され、さらに10年ごろからは演歌師にも歌われた。太平洋戦争中は、歌詞が厭戦(えんせん)的だという理由で、軍部から歌唱を禁じられた。[倉田喜弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

戦友の関連キーワード福島県原爆被害者協議会小野田元陸軍少尉の潜伏傷痍軍人会と戦友会春風亭柳昇(3代)J. ラルテギー西部戦線異状なしグラニコスの戦い帝国在郷軍人会地上より永遠にケッセルリングマクシミアヌスビルマの竪琴シャトーダン若き獅子たち日本郷友連盟ウーラント植田 謙吉リキニウス在郷軍人会木島 則夫

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

戦友の関連情報