真口類(読み)しんこうるい

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

真口類
しんこうるい
[学]Teleostomi

脊索(せきさく)動物門Chordata、脊椎(せきつい)動物亜門Vertebrataあるいは頭蓋(とうがい)亜門Craniata、顎口(がっこう)上綱Gnathostomataに属する魚類の総称。分類上の階級(ランク)は綱の上位の「級」にあたる。真口級は絶滅した板皮(ばんぴ)類を含む板皮型級Placodermiomorphiと、サメ・エイ類などを含む軟骨魚型級Chondrichthiomorphiと対等に置かれている。この類は絶滅種の棘魚(きょくぎょ)類、肺魚やシーラカンス類の肉鰭(にくき)類、それ以外の魚類を含む条鰭(じょうき)類に分かれる。真口級や軟骨魚型級の分類ランクを設けていない研究者もいる。[尼岡邦夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android