真口類(読み)しんこうるい

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

真口類
しんこうるい
[学]Teleostomi

脊索(せきさく)動物門Chordata、脊椎(せきつい)動物亜門Vertebrataあるいは頭蓋(とうがい)亜門Craniata、顎口(がっこう)上綱Gnathostomataに属する魚類の総称。分類上の階級(ランク)は綱の上位の「級」にあたる。真口級は絶滅した板皮(ばんぴ)類を含む板皮型級Placodermiomorphiと、サメ・エイ類などを含む軟骨魚型級Chondrichthiomorphiと対等に置かれている。この類は絶滅種の棘魚(きょくぎょ)類、肺魚やシーラカンス類の肉鰭(にくき)類、それ以外の魚類を含む条鰭(じょうき)類に分かれる。真口級や軟骨魚型級の分類ランクを設けていない研究者もいる。[尼岡邦夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android