コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

条鰭類 じょうきるい

世界大百科事典 第2版の解説

じょうきるい【条鰭類】

硬骨魚類の1亜綱Actinopterygii。条鰭亜綱はさらに原始的な順に軟質類Chondrostei,全骨類Holostei,真骨類Teleosteiの三つの上目に分けられる。胸びれ鰭条は射出骨を介して肩帯烏口(うこう)骨や肩甲骨に付着する。うろこは真骨類ではうすく,円鱗や櫛鱗(しつりん)であるが,全骨類や軟質類では硬鱗のガノイン鱗である。鼻孔は頭の片側に原則として2個ずつある。条鰭類はきわめて多様性に富み,全種に共通する形質を挙げることは不可能に近い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

条鰭類
じょうきるい
[学]Actinopterygii

脊索(せきさく)動物門Chordata、硬骨魚綱Osteichthyes、条鰭亜綱に属する魚類の総称。シーラカンス類と肺魚類を含む肉鰭(にくき)類Sarcopterygiiを除く硬骨魚類で、現生の魚類の大部分を占める。硬骨魚綱を使わずに条鰭綱とする説もある。魚類として進化の主流にあるグループで、古い形質を保有する一部の魚類を除くと、われわれになじみ深い普通の魚類の大部分を占める。背骨などがよく硬骨化していること、肺は不完全か退化してうきぶくろとなること、各ひれに棘(とげ)または軟条がよく発達すること、心臓は心臓球が退化し、動脈球が発達すること、尾びれが正尾(せいび)であることなどが特徴。卵は小さく、卵生が大部分である。中生代の終わりから新生代にかけて大いに栄え、海洋での生活に適した方向へ進化した。
 この類は軟質類Chondrostei、腕鰭類Cladistia、新鰭類Neopterygiiに大別される。このうち前二者は中生代の終わりごろに勢力を失った。現存するチョウザメ類は軟質類の、ポリプテルス類(多鰭類)は腕鰭類の、また以前、全骨類にまとめられていたアミアやガーパイクは新鰭類のなかに入れられ、いずれも数少ない生き残りである。残りの新鰭類は真骨類Teleosteiで、1億年余り前から栄えだし、現在、進化の頂点にある。一般になじみの深いイワシ、サケ、コイ、タラ、タイ、アンコウ、フグ、ヒラメ・カレイ、カサゴ、スズキ、カツオ、マグロの種類はすべて真骨類に属し、種類数は2万6840種を含む。現存する魚類の96%を占め、水産上重要な種類はほとんど真骨類に含まれる。[落合 明・尼岡邦夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

条鰭類の関連キーワードポリプテルス属真口類下垂体多鰭類円口類肺魚

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android