疑似(読み)ギジ

デジタル大辞泉「疑似」の解説

ぎ‐じ【疑似/擬似】

[名](スル)
本物によくていてまぎらわしいこと。また、そのもの。「―コレラ」
そっくりまねをすること。
みだりに洋客の口気を―するの論なり」〈吉岡徳明・開化本論〉
[類語]似る瓜二つ生き写し丸写しそのままそっくり酷似相似似通う似寄る似寄り似付く類する類似近似肖似空似もどき紛い紛らわしい似非カーボンコピー

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「疑似」の解説

【疑似】ぎじ

まぎらわしい。〔呂覧、疑似〕疑似のは察せざるべからず。之れを察すること、必ずの人に於てす。~澤に入りてはに問ひ、水に入りては漁師に問ふ。(なん)の故ぞ。其の之れを知ること審らかなればなり。

字通「疑」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

猛暑日

日最高気温が 35℃以上の日。気象庁では 2007年4月から定義し使用を始めた。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 0日,札幌 0日,仙台 1日,新潟 3日,東京 3日,名古屋 12日,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android