コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真崎仁六 まさき にろく

1件 の用語解説(真崎仁六の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

真崎仁六 まさき-にろく

1848-1925 明治-大正時代の実業家。
弘化(こうか)5年1月13日生まれ。明治元年上京。起立工商会社に勤務し,11年パリ万国博で目にした鉛筆の国内製造を決意。材料研究をはじめ製造機械の設計にも努力をかさね,20年真崎鉛筆製造所を設立。のちの三菱鉛筆ルーツとなった。大正14年1月16日死去。78歳。肥前佐賀郡出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の真崎仁六の言及

【鉛筆】より

…明治40年代には三越呉服店が積極的に輸入,宣伝し,新しもの好きの人々に喜ばれた。国産鉛筆は,井口直樹が1881年に手細工で仕上げて内国勧業博覧会に出品したものが最初で,86年には真崎仁六による工場生産が始まる(のちの三菱鉛筆)。明治期に最も多く鉛筆を使用していたのは郵便局で,輸入鉛筆を使っていたが,1901年に真崎仁六の鉛筆を逓信省が採用,これを契機に国産鉛筆への認識も高まり,機械化も進んで工業的になっていく。…

※「真崎仁六」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

真崎仁六の関連キーワード石井謹吾井島茂作今井藤七大石保岡田繁治岡烈樺島礼吉塚口慶三郎坪田十郎和島貞二

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone