着せる(読み)キセル

デジタル大辞泉の解説

き・せる【着せる】

[動サ下一][文]き・す[サ下二]
衣服などを身につけさせる。「着物を―・せてもらう」
上からかぶせる。「銀台に金を―・せる」「歯に衣(きぬ)を―・せぬ批評」
他に押しつけ負わせる。こうむらせる。「罪を―・せる」「恩に―・せる」
上にのせる。置く。
「鞍(くら)―・せば命死なまし甲斐(かひ)の黒駒」〈雄略紀・歌謡〉
打つ。たたく。
「馬取りの鼻捻(はなねぢ)ほどの棒もがな濡らせる人を―・せて腹癒(い)ん」〈仮・仁勢物語・下〉
[下接句]石に布団は着せられず奥歯に衣(きぬ)着せる恩に着せる濡(ぬ)れ衣(ぎぬ)を着せる歯に衣(きぬ)着せぬ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

着せるの関連情報