コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文山立/文山賊 フミヤマダチ

デジタル大辞泉の解説

ふみやまだち【文山立/文山賊】

狂言。二人の山賊が果たし合いをすることになるが、書き置きを記すうちに妻子の嘆くさまを思い浮かべて泣きだし、結局仲直りする。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ふみやまだち【文山立】

狂言の曲名。雑狂言大蔵,和泉両流にある。ただし和泉流では《文山賊》と記す。2人の山賊が,ねらった旅人を逃がしてしまったことから仲間割れし,果し合いになるが,見物人のいないところで死ぬのは犬死にも同然,書置きをして死のうと争いを中止して,矢立を取り出して遺書を書く。1人が文言をいい,1人がそれを書き記していくうち,内容が妻子の将来に及ぶと,2人とも感きわまって泣き出してしまう。そして互いにがまんすればすむことだと仲直りし,めでたく連れ立って家路をたどる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

文山立
ふみやまだち

狂言の曲名。雑狂言。和泉(いずみ)流では「文山賊」と表記する。山賊2人が旅人(舞台には登場しない)を追って出てくる。シテの山賊が「やれやれ」といったのを、もう1人が逃がしてやれの意味に取り違え、今日もまた不首尾。いつもうまくいかないのは互いに相手のせいだと口論になり、果たし合いを始める。取っ組み合ううちに、このけなげな姿をだれにも知られずに死んだら犬死と同じだから、せめて妻子に書置きを残そうということになる。書き上げた文面は、事のてんまつからいつしか家族への想(おも)いの口説きとなり、2人は泣き出す。しょせんは2人の胸にしまっておけばすむことと仲直りし、連れ立って帰る。生命の値段が安かった時代、「犬死せでぞ帰りける」と高らかにうたうところに、この狂言の真骨頂がある。[油谷光雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

文山立/文山賊の関連キーワード相読み狂言同士何と

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android