黒駒(読み)くろこま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黒駒
くろこま

山梨県中部,笛吹市中央部の旧村域。甲府盆地東部の御坂山地北麓,笛吹川の支流金川の扇状地に位置する。『日本書紀』『続日本紀』などにみえる「黒の牧」のあった地といわれる。鎌倉往還の通る御坂峠の北麓に位置し,古くから交通の要地でもあった。果樹栽培が盛んでモモ,ブドウ園が広がる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

くろ‐こま【黒駒】

毛色の黒い馬。特に、甲斐(かい)国黒駒のあたりから産したという黒い馬。
「妹(いも)が家に早く至らむ歩(あゆ)め―」〈・一二七一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くろこま【黒駒】

山梨県笛吹ふえふき市御坂みさか町にある地名。上代、黒い名馬を産したという。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

黒駒
くろこま

山梨県笛吹市(ふえふきし)中央部の一地区。旧黒駒村。金川(かねがわ)扇状地の扇頂部付近にあり、奈良時代黒い名馬を産したことから黒駒の地名となったといわれ、黒駒牧(まき)が置かれた所ともいわれる。なお、侠客(きょうかく)黒駒勝蔵(くろこまのかつぞう)の出身地。[横田忠夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

くろ‐こま【黒駒】

〘名〙 毛色の黒い馬。特に古くから馬産地として著名な甲斐の巨摩郡の産駒をいう。くろうま。
※書紀(720)雄略一三年九月(前田本訓)「赦使を以て、甲斐の黒駒(クロこま)に乗りて、馳せて刑所に詣りて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報