コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

着衣式 ちゃくいしきimpositio habitus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

着衣式
ちゃくいしき
impositio habitus

カトリック教会用語。女子修道会や修道服を有する男子修道会において,正式に修練期を始めるに先立って志願者にその会の制服が授けられる式。聖堂で祝福された制服を受け,修練期間中,清貧,貞潔,従順などを守る約束をする。特に女子修道院では盛大に行われる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちゃくいしき【着衣式 traditio habitus[ラテン]】

カトリック教会で,修道生活の初めに,その修道会の修道服を受ける儀式。従来はラテン語でvestitio,susceptioとも呼ばれた。修道服は古来,奉献のしるしであったが,一定の志願期の後,修練を始める前に着衣する習慣が起こり,女子修道会の場合,結婚式になぞらえて華麗に装った後,修道服に着替えるような習慣もできた。現在では,着衣は最初の奉献である初誓願に,簡素な儀式で行うよう勧められている(《誓願式Ordo professionis religiosae》1970)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

着衣式の関連情報