コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

着袴の儀 チャッコノギ

2件 の用語解説(着袴の儀の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ちゃっこ‐の‐ぎ〔チヤクコ‐〕【着袴の儀】

皇室の子が5歳になったときに初めて袴(はかま)を着ける儀式。衣装は誕生時に天皇・皇后から贈られる。民間の七五三にあたる。御着袴(ごちゃっこ)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

着袴の儀
ちゃっこのぎ

平安時代から皇室に伝わる儀式。子(新宮)が数え年で5歳になると行われるもので、天皇から贈られた袴(はかま)を初めて着ける。つづいて、東宮大夫が新宮の髪に鋏(はさみ)をあてて、切る所作をし、髪が豊かに生えることを祈る。さらに新宮は鴨川(かもがわ)(京都)の青い小石を二つ並べた碁盤にのり、石を踏みつけてから、「えい」という掛け声とともに南に向かって飛び降りて一連の儀式が終わる。なお女子(内親王)の場合は碁盤の儀式は行わない。古くは切った髪を川に流す「深曾木の儀(ふかそぎのぎ)」も行われた。[編集部]
『清水一郎、畠山和久監修『平成の皇室事典』(1995・毎日新聞社) ▽主婦の友社編・刊『新版 平成皇室事典』(1999)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

着袴の儀の関連キーワード加冠おお仮元服皇室経済法しめしめ出初め初耳鎧着初め被衣初め着初め

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone