コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

着袴 チャッコ

デジタル大辞泉の解説

ちゃっ‐こ〔チヤク‐〕【着×袴】

袴(はかま)をはくこと。
袴着(はかまぎ)」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちゃっこ【着袴】

( 名 ) スル
袴を着けること。
袴着はかまぎ 」に同じ。 「 -の儀」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

着袴
ちゃっこ

公家(くげ)儀礼の一つ。嬰児(えいじ)から幼児への成長を祝い、初めて袴(はかま)を着ること。古代には3歳、近世には5歳の吉日に行ったが、このとき親戚(しんせき)のなかで尊い者が選ばれ、袴の腰(紐(ひも))を結んだ。これとは別に5、6歳で「かみそぎ」「深曽木(ふかそぎ)」といって髪の先を切りそろえ、髪が豊かに生えることを願う儀式があって、碁盤の上に立たせ、賀茂(かも)川の石を踏ませ、これから飛び降りさせる習わしがあったが、近世に、かみそぎと着袴を同時に行うようになった。着袴には、男子が童直衣(わらわのうし)に指貫(さしぬき)または半尻(はんじり)に前張(さいばり)の袴、檜扇(ひおうぎ)、女子が細長に切袴(きりばかま)、檜扇の服装をした。武家も公家に倣って着袴を行い、碁盤の上で直垂(ひたたれ)または素襖(すおう)に刀、扇、江戸時代には裃(かみしも)に扇を着装させた。[高田倭男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の着袴の言及

【袴着】より

…平安朝の宮廷貴族社会で行われた通過儀礼の一つで,男女とも3~7歳ぐらいのころ初めて袴を着ける儀式をいう。袴著とも書き,和文の文学作品での呼び方で,漢文体の公卿日記,儀典書などでは〈着(著)袴(ちやつこ)〉という。戸令に〈凡そ男女は3歳以下を黄(幼児の年齢区分呼称)と為(せ)よ〉とあり,この時期を成長段階の第一区分と考えていたのであろう。…

※「着袴」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

着袴の関連キーワード万歳(まんざい)角兵衛獅子藤原生子着袴の儀こはぜ伊賀袴二条院御着袴かま段袋袴着裁着

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

着袴の関連情報