コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

着袴 チャッコ

3件 の用語解説(着袴の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ちゃっ‐こ〔チヤク‐〕【着×袴】

袴(はかま)をはくこと。
袴着(はかまぎ)」に同じ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ちゃっこ【着袴】

( 名 ) スル
袴を着けること。
袴着はかまぎ 」に同じ。 「 -の儀」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

着袴
ちゃっこ

公家(くげ)儀礼の一つ。嬰児(えいじ)から幼児への成長を祝い、初めて袴(はかま)を着ること。古代には3歳、近世には5歳の吉日に行ったが、このとき親戚(しんせき)のなかで尊い者が選ばれ、袴の腰(紐(ひも))を結んだ。これとは別に5、6歳で「かみそぎ」「深曽木(ふかそぎ)」といって髪の先を切りそろえ、髪が豊かに生えることを願う儀式があって、碁盤の上に立たせ、賀茂(かも)川の石を踏ませ、これから飛び降りさせる習わしがあったが、近世に、かみそぎと着袴を同時に行うようになった。着袴には、男子が童直衣(わらわのうし)に指貫(さしぬき)または半尻(はんじり)に前張(さいばり)の袴、檜扇(ひおうぎ)、女子が細長に切袴(きりばかま)、檜扇の服装をした。武家も公家に倣って着袴を行い、碁盤の上で直垂(ひたたれ)または素襖(すおう)に刀、扇、江戸時代には裃(かみしも)に扇を着装させた。[高田倭男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の着袴の言及

【袴着】より

…平安朝の宮廷貴族社会で行われた通過儀礼の一つで,男女とも3~7歳ぐらいのころ初めて袴を着ける儀式をいう。袴著とも書き,和文の文学作品での呼び方で,漢文体の公卿日記,儀典書などでは〈着(著)袴(ちやつこ)〉という。戸令に〈凡そ男女は3歳以下を黄(幼児の年齢区分呼称)と為(せ)よ〉とあり,この時期を成長段階の第一区分と考えていたのであろう。…

※「着袴」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

着袴の関連キーワード袴着着流し下袴博多平表袴裏腰腰結い穿く緑のハカマ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

着袴の関連情報