コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

袴着 はかまぎ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

袴着
はかまぎ

着袴 (ちゃっこ) ともいう。幼児に初めて袴をはかせる儀式。古くは男女の別なく3~7歳の間行い,江戸時代以降5歳の男児定着した。平安時代にはもっぱら公家の間に行われたものであるが,のちに武家,さらに庶民の間にも行われるようになった。幼児を吉の方角に向けて碁盤の上に立たせ,麻の裃 (かみしも) を着せ,左の足から袴をはかせ,初めて双刀を差させた。父親か高職にある人や夫婦健全で子孫隆盛な人を親と頼み,氏神に詣で,親戚や知人宅を訪ねたり,自宅に客を招いて小宴を開いて祝った。近世以降旧暦 11月 15日に行われるようになり,七五三 (11月 15日) の風習となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

はかま‐ぎ【×袴着】

幼児が初めて袴をつける儀式。古くは3歳、後世では5歳または7歳に行い、しだいに11月15日の七五三の祝いとして定着。着袴(ちゃっこ)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

袴着【はかまぎ】

幼年期から少年期への移りめの儀式。以後は男女異なる衣服をつける。平安時代には3歳,近世には7歳に行った。吉日を選び,子を碁盤上に立たせて初めて袴をはかせるが,烏帽子(えぼし)親と同様,腰紐(こしひも)を結ぶのを有力者に依頼することも多かった。
→関連項目七五三

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はかまぎ【袴着】

平安朝の宮廷貴族社会で行われた通過儀礼の一つで,男女とも3~7歳ぐらいのころ初めて袴を着ける儀式をいう。袴著とも書き,和文の文学作品での呼び方で,漢文体の公卿日記,儀典書などでは〈着(著)袴(ちやつこ)〉という。戸令に〈凡そ男女は3歳以下を黄(幼児の年齢区分呼称)と為(せ)よ〉とあり,この時期を成長段階の第一区分と考えていたのであろう。皇子皇女では3歳の例がもっとも多い。吉日吉時を選んで行われた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

はかまぎ【袴着】

幼児の成長を祝い、初めて袴を着せる儀式。平安以降、男女の別なく三歳から七歳の間に吉日を選んで行われたが、江戸時代には五歳男児のみの風となり、次第に11月15日に定着し、七五三の風習の一環となった。着袴ちやつこ[季] 冬。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

袴着
はかまぎ

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の袴着の言及

【七五三】より

…現在では髪置祝は東北から九州にわたって言葉として残っているにすぎない。男児5歳の袴着(はかまぎ)の祝いは,武家の風を受けつぐもので,明治時代には士族や上流家庭では,5歳の男児にはじめて袴をつけて碁盤の上に立たせて祝宴を行った。北陸,中部地方などでは,袴祝とか袴つけ,裃着(かみしもぎ)などといい,男児だけの祝いをする例が多いが,5歳の女児がヒモオトシ,オビツケの祝いを行う地方もある。…

※「袴着」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

袴着の関連キーワード腰結い・腰結帯解(祝い)神道用語集岩屋の草子御袴着御祝御帯解御祝烏帽子親被衣ぞめ礼烏帽子住吉物語麗景殿帯解き祝い着晴れ着褌祝い年祝い一の宮腰結い大仏餠御着袴

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

袴着の関連情報