睫毛乱生(読み)しょうもうらんせい(英語表記)Trichiasis

  • 睫毛乱生 Trichiasis

翻訳|trichiasis

家庭医学館の解説

[どんな病気か]
 まつげ睫毛)の生える向きが不規則なものを睫毛乱生といいますが、内向きに生えているまつげが眼球(がんきゅう)に触れるために、黒目(くろめ)(角膜(かくまく))が障害されます。
[症状]
 まつげが黒目に当たると異物感を生じますが、子どもでははっきりと症状を訴えることができないので、まぶしがるとか、めやに(眼脂(がんし))が多いといった症状で、両親が気づくことが多いようです。
 黒目を持続的に害するので、角膜を傷つけたり、角膜混濁(かくまくこんだく)の原因となることもあります。
[治療]
 黒目に当たるようなまつげを抜くと、しばらくはよいのですが、1~2か月するとまた生えてきます。ですから、障害の程度がひどくなければ、角膜保護剤や抗生物質の点眼薬を使ってしばらくようすをみます。
 まつげを生えてこないようにするためには、電気分解レーザー毛根(もうこん)を焼却する治療が行なわれますが、それでも再発することが少なくありません。
[どんな病気か]
 まつげ(睫毛)の生える方向がばらばらの状態をいいます。
 上下両方のまぶたに生じることがありますが、治療が必要になるのは、多数のまつげが眼球(がんきゅう)の表面に接触し、とくに角膜(かくまく)に傷がついて痛みが強いときです。この場合、まつげを抜いたり、毛根(もうこん)を電気で破壊したりします。
 これらの方法では、まつげがのびると症状が再発するので、くり返し処置を行なう必要があります。

出典 小学館家庭医学館について 情報

世界大百科事典内の睫毛乱生の言及

【まつ毛(睫)】より

…まつ毛は汗や雨水の進入を防ぐのみならず,眼球の表面に異物が達するのを防ぐうえに,かなりの役割を果たすものと考えられる。まつ毛の生え方が不規則になることを睫毛乱生というが,これによってまつ毛が内側に向かって生えたり,眼瞼が内反してまつ毛が内側を向くと,角膜に接触して刺激するようになる。このような状態を俗に〈さかまつ毛〉という。…

※「睫毛乱生」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android