矢野光儀(読み)やの みつよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

矢野光儀 やの-みつよし

1822-1880 江戸後期-明治時代の武士,官吏。
文政5年生まれ。矢野竜渓の父。豊後(ぶんご)(大分県)佐伯(さいき)藩士。塩谷宕陰(しおのや-とういん)にまなび,郡代,町奉行などを歴任。維新後,葛飾県(現千葉県の一部)知事をへて明治5年小田県(現岡山県の一部)権令となる。地方民会公選に賛同し,8年解任された。明治13年9月13日死去。59歳。通称は程蔵。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android