コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

矢野口保邦 やのぐち やすくに

1件 の用語解説(矢野口保邦の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

矢野口保邦 やのぐち-やすくに

1863-1906 明治時代の歌人。
文久3年5月25日生まれ。橘道守(たちばな-みちもり),冷泉為紀(れいぜい-ためもと)にまなぶ。佐々木了綱の竹壺社の選者となり,了綱没後は社長をつとめた。明治39年8月27日死去。44歳。信濃(しなの)(長野県)出身。旧姓は臼井。通称は三郎。別号に小松園,常磐園。歌集に「残月集」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

矢野口保邦の関連キーワード新派劇児童雑誌中島名左衛門歴史小説ベアトヘボン坂東三津五郎北欧美術売られた花嫁ゲティスバーグ

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone