コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

知/智

デジタル大辞泉の解説

ち【知/×智】

物事を認識したり判断したりする能力。知恵。「―・情・意」
(智)《〈梵〉jñānaまたは、梵prajñāの訳》仏語事物道理を識知・判断・推理する精神作用。また、真理を観ずるところの智慧や、悟りにも用いる。

ち【知】[漢字項目]

[音](呉)(漢) [訓]しる
学習漢字]2年
物事の本質をしる。対象を心に感じ取る。「知覚知識知命感知察知周知熟知承知認知未知予知
しらせる。「下知(げじ・げち)告知通知報知
相手を理解し、つきあう。しりあい。「知音(ちいん)知己(ちき)知遇知人知友旧知辱知
物事を見抜く力がある。理解する能力。ちえ。「知恵知者知能知略英知奸知(かんち)機知故知才知人知世知頓知(とんち)無知理知良知
取りしきる。つかさどる。「知県知事
[名のり]あき・あきら・おき・かず・さと・さとし・さとる・ちか・つぐ・とし・とも・のり・はる
[難読]知客(しか)不知火(しらぬい)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

知 (チ)

植物。茅の別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

世界大百科事典内の知/智の言及

【知識】より

…知識とは,さしあたっていえば,人間のいとなみのうち,ものを知る活動一般の,とりわけ獲得された成果の側面をいう語にほかならない。〈しる〉ことは,元来〈領(し)る〉こと,すなわち支配しみずからのものとすることに通じ,漢字の〈知〉もまた,ものごとのありようを〈矢〉のように端的に〈口〉でもって言いあらわすことを意味するという。…

※「知/智」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

知/智の関連キーワードヘンリ・スティール オルコット全国障害者スポーツ大会ナレッジマネジメント収得後知情行使罪SECIモデルタオシンチー小笠原 忠忱竿継ぎ・竿継高祖(後漢)清水清太郎先知後行説豊田無関山下現有しらぬい池知重利小田知家尾藤知宣井田知碩無分別智壇誉上人

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android