コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

知/智 チ

2件 の用語解説(知/智の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ち【知/×智】

物事を認識したり判断したりする能力。知恵。「―・情・意」
(智)《〈梵〉jñānaまたは、梵prajñāの訳》仏語。事物や道理を識知・判断・推理する精神作用。また、真理を観ずるところの智慧や、悟りの意にも用いる。

ち【知】[漢字項目]

[音](呉)(漢) [訓]しる
学習漢字]2年
物事の本質をしる。対象を心に感じ取る。「知覚知識知命感知察知周知熟知承知認知未知予知
しらせる。「下知(げじ・げち)告知通知報知
相手を理解し、つきあう。しりあい。「知音(ちいん)知己(ちき)知遇知人知友旧知辱知
物事を見抜く力がある。理解する能力。ちえ。「知恵知者知能知略英知奸知(かんち)機知故知才知人知世知頓知(とんち)無知理知良知
取りしきる。つかさどる。「知県知事
[名のり]あき・あきら・おき・かず・さと・さとし・さとる・ちか・つぐ・とし・とも・のり・はる
[難読]知客(しか)不知火(しらぬい)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の知/智の言及

【知識】より

…知識とは,さしあたっていえば,人間のいとなみのうち,ものを知る活動一般の,とりわけ獲得された成果の側面をいう語にほかならない。〈しる〉ことは,元来〈領(し)る〉こと,すなわち支配しみずからのものとすることに通じ,漢字の〈知〉もまた,ものごとのありようを〈矢〉のように端的に〈口〉でもって言いあらわすことを意味するという。…

※「知/智」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

知/智の関連キーワード

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone