(読み)チ

  • しろ・す
  • し・れる
  • 漢字項目
  • 知 (チ)
  • 知/×智

デジタル大辞泉の解説

物事を認識したり判断したりする能力。知恵。「―・情・意」
)《〈〉jñānaまたは、梵prajñāの訳》仏語。事物道理識知・判断・推理する精神作用。また、真理を観ずるところの智慧や、悟りのにも用いる。
[音](呉)(漢) [訓]しる
学習漢字]2年
物事の本質をしる。対象を心に感じ取る。「知覚知識知命感知察知周知熟知承知認知未知予知
しらせる。「下知(げじ・げち)告知通知報知
相手を理解し、つきあう。しりあい。「知音(ちいん)知己(ちき)知遇知人知友旧知辱知
物事を見抜く力がある。理解する能力。ちえ。「知恵知者知能知略英知奸知(かんち)機知故知才知人知世知頓知(とんち)無知理知良知
取りしきる。つかさどる。「知県知事
[名のり]あき・あきら・おき・かず・さと・さとし・さとる・ちか・つぐ・とし・とも・のり・はる
[難読]知客(しか)不知火(しらぬい)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘自ラ下一〙 し・る 〘自ラ下二〙
① (「知る」に対する受身・使役形で、「他人の知るところとなる」の意を、消極的には受身として、積極的には使役として表現したもの) 知られる。また、知らせる。わからせる。
※万葉(8C後)八・一四四六「春の野にあさる(きぎし)の妻恋に己(おの)があたりを人に令知(しれ)つつ」
② (「知る」に対する自発・可能形) 知ることができる。自然にわかる。
※虎明本狂言・犬山伏(室町末‐近世初)「一どにてはしれぬ、ま一どあひいのりにいのらふ」
※浮世草子・好色一代女(1686)五「女はしれぬ仕合のある物にて」
〘名〙
① 事物を認識し、是非・善悪を判断する能力。智。⇔
※曾我物語(南北朝頃)七「位のたかからぬをなげかざれ、ちのひろからぬをばなげくべし」 〔易経‐繋辞下〕
② 知りあい。なじみ。ちかづき。〔春秋左伝‐昭公二八年〕
③ その人となりを認められて厚く遇されること。知遇。〔岑参‐北庭西郊候封大夫受降回軍献上詩〕
〘他サ四〙 ⇒しろしめす(知召)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のの言及

【知識】より

…知識とは,さしあたっていえば,人間のいとなみのうち,ものを知る活動一般の,とりわけ獲得された成果の側面をいう語にほかならない。〈しる〉ことは,元来〈領(し)る〉こと,すなわち支配しみずからのものとすることに通じ,漢字の〈知〉もまた,ものごとのありようを〈矢〉のように端的に〈口〉でもって言いあらわすことを意味するという。…

※「知」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

特任教授

大学・研究機関で特定有期雇用教員について、便宜上「教授」などの名を付したもの。外部研究資金によるプロジェクト等により、講座を開いたり学生の指導をしたりなど、特別の必要があるとき、期間を限って教員を特別...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

知の関連情報