コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

短期費用・長期費用 たんきひようちょうきひよう short‐run cost,long‐run cost

1件 の用語解説(短期費用・長期費用の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

たんきひようちょうきひよう【短期費用・長期費用 short‐run cost,long‐run cost】

経済学における時間の概念のうち,最も重要なものが短期・長期の概念である。短期とは,工場の規模や数のように,その期間内では変更することができない生産要素が存在するような期間のことであり,この期間内に企業が自由に変更できるのは原材料,労働などに限られる。長期とは,工場の新増設も可能で,すべての生産要素が可変的となるような長さの期間のことである。短期においては長期と比べ,企業の政策変数,意思決定の範囲が限られたものとなるのである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

短期費用・長期費用の関連キーワード行動経済学下部構造時間帯ボールディング種概念大概念中概念中今反対概念類概念

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone