コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石のカラト古墳 いしのからとこふん

1件 の用語解説(石のカラト古墳の意味・用語解説を検索)

国指定史跡ガイドの解説

いしのカラトこふん【石のカラト古墳】


京都府木津川市兜台奈良県奈良市神功(じんぐう)にまたがる古墳。標高112mの丘陵部緩斜面に築造された上円下方墳で、別名をカザハヒ古墳ともいう。墳形が上円下方というわが国では唯一の例であり、遺存度も良好であることなどから、1996年(平成8)に国の史跡に指定された。古墳の構造や出土遺物から7~8世紀に築造されたと推定され、この時期の貴人の墓としてきわめて重要なものといわれている。墳丘は版築技法による2段築成で、第1段の方形部は1辺13.8m、第2段の上円部は径9.2m、高さ2.9mで、下段の表面は30cm大の石で葺かれているが、上段の葺石(ふきいし)はほとんど失われている。石室は横穴式石槨(せっかく)で、間口1.15m、奥行き2.6m、高さ1.2mあり、15枚の凝灰岩の切り石でできている。遺物は金・銀製の玉各1、銀装唐様太刀鞘責金具、金箔片、木心乾漆棺断片などのほか、須恵器(すえき)片1点が出土した。1996年(平成8)に国の史跡に指定された。現在、築造当時の姿に復元され、公園として整備されている。近畿日本鉄道京都線高の原駅から徒歩約20分。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
この内容は執筆時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の石のカラト古墳の言及

【上円下方墳】より

…古墳の墳形の一つで,上段を平面円形に,下段を平面方形につくった2段築成のものをさす。これまで明確な例がなく,その存在を疑問視する人もいたが,1979年に奈良市山陵町石のカラト古墳が調査され,好例が検出された。版築で築かれた墳丘は下段一辺約13.8m,上段直径約9.2m,総高約2.9mを測り,表面全体に河原石を葺き,内部には凝灰岩製の横口式石槨を納めていた。…

※「石のカラト古墳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

石のカラト古墳の関連キーワード京都府木津川市梅谷京都府木津川市梅美台京都府木津川市兜台京都府木津川市加茂町銭司京都府木津川市木津京都府木津川市木津川台京都府木津川市木津町京都府木津川市吐師奈良県奈良市神殿町奈良県奈良市神功

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone