コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石井包孝 いしい かねたか

1件 の用語解説(石井包孝の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石井包孝 いしい-かねたか

1771-1843 江戸時代後期の豪商,農政家。
明和8年生まれ。下野(しもつけ)(栃木県)田沼の絹織物商の養子となり,呉服商,質屋,貸家業もいとなむ。私財を投じて新田開発,治水につくし,天保(てんぽう)の飢饉(ききん)では村民救済につとめる。宿場への賦役(ふえき)解除運動の中心ともなった。天保14年1月4日死去。73歳。本姓は須藤。通称は五郎左衛門。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

石井包孝の関連キーワードお蔭参り山岡浚明小森桃塢平田篤胤墓アヘン戦争天保の改革自伝自伝文学明和の大津波明和八重山地震津波

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone