コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石井四郎 いしい しろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石井四郎 いしい-しろう

1892-1959 大正-昭和時代前期の軍人。
明治25年6月25日生まれ。荒木寅三郎の娘婿。大正10年陸軍軍医。のち陸軍軍医学校教官となって細菌戦争の研究を提唱。関東軍防疫部長をへて,昭和15年関東軍防疫給水部(第七三一部隊)部長となり,細菌兵器の開発を主導。中将で敗戦。東京裁判で生体実験などの責任を追及されたが,訴追をまぬかれた。昭和34年10月9日死去。67歳。千葉県出身。京都帝大卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

いしいしろう【石井四郎】

1892‐1959(明治25‐昭和34)
軍医。旧日本軍細菌戦の責任者。千葉県山武郡出身。1921年京都帝国大学医学部卒業後,陸軍軍医の道を選び,累進して45年軍医中将となる。その間,京大大学院で細菌学,防疫学を専攻し,軍医学校教官時代に細菌兵器の有効性を提唱。旧満州(中国東北地区)にて関東軍直轄の防疫班を創設し,1940年には関東軍防疫給水部(のち第731部隊)に発展し,みずから部隊長となり,一時期をのぞいて敗戦まで在任した。ここでの細菌兵器研究は,現地中国人,ロシア人,捕虜を連行し,人体実験に使用し,その数は数千人に及んだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の石井四郎の言及

【731部隊】より

…731部隊という名称は,1941年(昭和16)8月から45年5月までのものであるが,現在では一般にその前身・後身機関を含めて731部隊と総称されている。 日本における生物兵器の研究・開発は,1932年8月,陸軍軍医学校に3等軍医正(当時,少佐に相当)石井四郎を主幹とする防疫研究室が設置されたことに始まる。また,同年石井は満州に赴き,ハルビン近郊背陰河に関東軍防疫班(秘匿名,加茂部隊)を設立し,以後,生物化学兵器に関して,防御面は軍医学校,攻撃面(兵器開発と実戦)は満州の部隊で進められることになった。…

※「石井四郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

石井四郎の関連キーワード侵華日軍第七三一細菌部隊罪証陳列館

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

石井四郎の関連情報