石匕・石匙(読み)いしさじ

精選版 日本国語大辞典「石匕・石匙」の解説

いし‐さじ【石匕・石匙】

〘名〙 縄文時代の打製石器の一つ。珪石(けいせき)讚岐(さぬき)石、黒曜石などを加工して、(さじ)の形にしたもの。小刀として獣の皮剥(かわはぎ)などに用いたと思われる。東日本に多い縦形と西日本に多い横形に分けられる。江戸時代には天狗飯匙(めしさじ)とよばれた。石小刀。せきひ。かわはぎ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

NATO

北大西洋条約機構North Atlantic Treaty Organizationの略称。冷戦が激化した1949年に調印された北大西洋条約に基づき設立された自由陣営最大の国際軍事機構。加盟国中の一国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android