コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石和温泉 いさわおんせん

4件 の用語解説(石和温泉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石和温泉
いさわおんせん

山梨県中部,甲府盆地の笛吹市石和町にある温泉。別称葡萄温泉。笛吹川に臨む。泉質は単純泉。泉温は 40~60℃。湯量は毎分1万 3500lと著しく多く,リウマチ,神経痛,胃腸病などに効能があるといわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

いさわ‐おんせん〔‐ヲンセン〕【石和温泉】

山梨県中央部、笛吹(ふえふき)市にある温泉。昭和36年(1961)ブドウ畑から湧出(ゆうしゅつ)。泉質は単純温泉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本の地名がわかる事典の解説

〔山梨県〕石和温泉(いさわおんせん)


山梨県笛吹(ふえふき)市、笛吹川北岸にわく行楽向きの温泉。1961年(昭和36)ブドウ園の中に多量の温泉が湧出(ゆうしゅつ)、短期間に大歓楽郷に発展。富士(ふじ)五湖方面や昇仙(しょうせん)峡観光の基地。夏季、笛吹川で観光鵜飼(うか)いが行われる。ブドウ・リンゴ狩りも人気。ナトリウム塩化物泉。泉温66.5℃。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石和温泉
いさわおんせん

山梨県中央部、笛吹(ふえふき)市石和町地区にある温泉。JR中央本線の石和温泉駅南側にある。1961年(昭和36)町の一角から高温(泉温45℃)多量の温泉が湧出(ゆうしゅつ)して以来、急速に発展し、歓楽郷的色彩の強い温泉として知られるに至ったが、近年は温泉病院も多くなった。泉質は単純温泉。昇仙(しょうせん)峡への基地、ブドウ狩りに利用する人が多い。[横田忠夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

石和温泉の関連情報