石和温泉(読み)いさわおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「石和温泉」の解説

石和温泉
いさわおんせん

山梨県中部,甲府盆地笛吹石和町にある温泉。別称葡萄温泉。笛吹川に臨む。泉質は単純泉。泉温は 40~60℃。湯量は毎分1万 3500lと著しく多く,リウマチ神経痛,胃腸病などに効能があるといわれる。豊富な湯量を利用したリハビリテーション施設もある。 1961年に掘りあてられた新興温泉で,観光施設が急速に増えて歓楽温泉郷を形成した。近くには観光ブドウ園が多い。 JR中央本線,国道 20号線,411号線が通る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「石和温泉」の解説

石和温泉
いさわおんせん

山梨県中央部、笛吹市(ふえふきし)石和町地区にある温泉。JR中央本線の石和温泉駅南側にある。1961年(昭和36)町の一角から高温(泉温45℃)多量の温泉が湧出(ゆうしゅつ)して以来、急速に発展し、歓楽郷的色彩の強い温泉として知られるに至ったが、近年は温泉病院も多くなった。泉質は単純温泉。昇仙(しょうせん)峡への基地、ブドウ狩りに利用する人が多い。

[横田忠夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android