コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

笛吹川 ふえふきがわ

7件 の用語解説(笛吹川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

笛吹川
ふえふきがわ

山梨県中央部を流れる川。富士川の支流。全長 44.6km。秩父山地甲武信ヶ岳に発し,南西流して甲府盆地に入り,盆地を南西に貫流して鰍沢付近で釜無川と合流,富士川となる。盆地底の沖積地では米作が盛ん。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ふえふき‐がわ〔‐がは〕【笛吹川】

山梨県、甲府盆地を北東から南西へ貫流する川。甲武信岳(こぶしだけ)と国師ヶ岳(こくしがたけ)に源を発し、富士川町市川三郷町の境界部で釜無川と合流し富士川となる。長さ55キロ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

笛吹川【ふえふきがわ】

山梨県中部の川。甲武信ヶ岳(こぶしがたけ)に発して南西流し,甲府盆地に入って荒川を合わせ,市川大門町(現・市川三郷町)で釜無川と合流し富士川となる。釜無川とともに甲府盆地をうるおす大動脈
→関連項目市川大門[町]春日居[町]大菩薩峠田富[町]玉穂[町]中道[町]牧丘[町]御坂[町]三珠[町]山梨[県]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ふえふきがわ【笛吹川】

山梨県の甲府盆地東部を南西流する川。幹川流路延長54km,流域面積1040km2。関東山地の甲武信ヶ岳(こぶしがたけ)を水源として甲府盆地の南西部鰍沢(かじかざわ)付近で釜無川と合流,富士川となる。上流部の河床は花コウ岩からなり,急なナメ(なめらかな岩肌をもつ河床)や滝を形成し,景勝の西沢渓谷がある。西沢渓谷が東沢渓谷と合流する二俣付近では,良質のケイ石が産出されていたが,現在は自然保護のため採掘が中止されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ふえふきがわ【笛吹川】

山梨県北部、甲武信こぶし岳付近に源を発し、甲府盆地を貫流する川。釜無かまなし川と合流して富士川となる。長さ55キロメートル。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔山梨県〕笛吹川(ふえふきがわ)


山梨県中部を流れる川。1級河川(富士川水系)。延長55km。関東山地の奥千丈(おくせんじょう)岳(標高2409m)に源を発し、東流、次いで南西流して甲府(こうふ)盆地南西部で釜無(かまなし)川と合流、富士川となる(釜無川は富士川上流部の別称)。富士川の主要な支流の一つ。上流の西沢(にしざわ)渓谷は紅葉の名所。広瀬(ひろせ)ダムは灌漑(かんがい)など多目的に利用される。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

笛吹川
ふえふきがわ

甲府盆地を北東から南西へ貫流する川。秩父(ちちぶ)山地中に源をもち、山梨県山梨市三富(みとみ)地区広瀬付近から南に流路を変え、同市牧丘(まきおか)町地区で甲府盆地に流下、盆地東部から南、南西部へと流下、富士川(ふじかわ)町と市川三郷(いちかわみさと)町との境界付近で釜無(かまなし)川と合流して富士川になる。延長約55キロメートル。上流の東沢、西沢は渓谷美で知られる。盆地内では東部の農業地帯を潤す最大の河川で、中流以下では扇状地や氾濫(はんらん)原を形成している。上流の広瀬ダムは、支流の複合扇状地群の畑地灌漑(かんがい)などを目的とした多目的ダムである。笛吹川の名の由来については、洪水で失った母を笛を吹いて探し、自らも溺死(できし)したという日原権三郎(笛吹権三郎)の伝説がある。[吉村 稔]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の笛吹川の言及

【甲府盆地】より

…扇状地の背後には西部には市之瀬台,南部には曾根丘陵など一段高い台地がある。盆地西部には赤石山脈北端の甲斐駒ヶ岳から流れ出て塩川を合流する釜無(かまなし)川,東部は秩父山地の甲武信ヶ岳を源とし,重川,日川,金川,荒川などを合流する笛吹川が流れ,盆地南西部で合わさって富士川となり,峡谷を刻み南流して駿河湾に注ぐ。釜無・笛吹両川の合流点付近には沖積原がひらけている。…

※「笛吹川」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

笛吹川の関連キーワード甲府盆地甲州葡萄石和〈町〉塩山〈市〉勝沼〈町〉山梨県甲府市北新山梨県甲府市貢川山梨県中巨摩郡昭和町山梨県甲府市宝御坂〈町〉

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

笛吹川の関連情報