コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石山修武 いしやまおさむ

2件 の用語解説(石山修武の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

石山修武【いしやまおさむ】

建築家。岡山県生れ。1966年早大建築学科卒,1968年同大学院修了。同年ダムダン設立(のちダムダン空間工作所と改称)。1988年より早大建築学科教授。建築以外の工業製品を使い,手作りで建設した別荘〈幻庵〉(愛知県,1975年)によって注目されたほか,全国の左官職人と協働して作られた〈伊豆の長八美術館〉(1984年)など,近代文明への批判的な視点を持つ作品を手がける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石山修武 いしやま-おさむ

1944- 昭和後期-平成時代の建築家。
昭和19年4月1日生まれ。43年ダムダン(現ダムダン空間工作所)をひらく。63年母校早大の教授となる。60年左官技能を活かした伊豆の長八美術館で吉田五十八賞。職人技能の復活をこころみ,建築材料の工業製造,流通の改革にとりくむ。平成10年日本文化デザイン賞,11年織部賞。14年住宅「世田谷村」で芸術選奨。岡山県出身。著作に「「秋葉原」感覚で住宅を考える」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

石山修武の関連キーワードニッサン シルビアCSP311型外国人学校国立劇場自動車工業月探査機熱帯擾乱脇往還袴田事件植村直己小川紳介

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

石山修武の関連情報