コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石河勝政 いしこ かつまさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石河勝政 いしこ-かつまさ

1577-1659 織豊-江戸時代前期の武士。
天正(てんしょう)5年生まれ。美濃(みの)(岐阜県)加賀島(かがしま)(鏡島)城主石川光政の次男。石川貞政の弟。小早川秀秋につかえたが,同僚を殺害して関東にのがれ,徳川家康のはからいで下総(しもうさ)助崎(すけさき)村に潜伏する。徳川秀忠に近侍し,信濃(しなの)上田城攻め,大坂の陣などに随従。寛永10年堺(さかい)奉行となる。18年石河と改姓したという。万治(まんじ)2年9月2日死去。83歳。通称は三右衛門

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

石河勝政の関連キーワード石川勝政石河利政

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android