コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石黒貞度 いしぐろ さだのり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

石黒貞度 いしぐろ-さだのり

1790-1857 江戸時代後期の武士,儒者。
寛政2年生まれ。備前(びぜん)岡山藩士。藩主池田治政(はるまさ),斉政(なりまさ)につかえ,近習から寺社奉行をへて郡代となる。熊沢蕃山(くまざわ-ばんざん)の学風をしたい,陽明学を信奉。異学とされているため自宅で同学の士と講究した。安政4年7月死去。68歳。通称は小藤太。号は南門。編著に「池田家履歴略記続集前編」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

石黒貞度の関連キーワード石黒南門儒者

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android