コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

砂鉱床採掘 さこうしょうさいくつ alluvial mining

1件 の用語解説(砂鉱床採掘の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

さこうしょうさいくつ【砂鉱床採掘 alluvial mining】

砂金や砂スズ,あるいは砂鉄など,未固結の土砂の中に有用鉱物を含む鉱床がある。岩石が風化・分解し,その中に含まれていた有用鉱物が分離し,水または風によって運ばれ,別の場所に沈殿堆積したもので,運搬の途中で分別され濃縮されており,砂鉱床といわれる。金やスズ石,あるいはチタン鉄鉱(イルメナイト)など,溶けにくく,比重の大きい鉱物を含むものが多く,その採掘には独特な方法が行われる河川敷や海浜などでは浚渫(しゆんせつ)船(採金船)によるドレッジングdredgingが,丘陵地などでは高圧ジェット水による切崩しと水流を利用した分別をする方法などが行われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

砂鉱床採掘の関連キーワード砂鉄不透水層累積堆積物表層堆積物ラクサイト角礫滑り礫岩デッケンショッターアリューライト放散虫土

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone