コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

砂鉱床採掘 さこうしょうさいくつalluvial mining

世界大百科事典 第2版の解説

さこうしょうさいくつ【砂鉱床採掘 alluvial mining】

砂金や砂スズ,あるいは砂鉄など,未固結の土砂の中に有用鉱物を含む鉱床がある。岩石が風化・分解し,その中に含まれていた有用鉱物が分離し,水または風によって運ばれ,別の場所に沈殿堆積したもので,運搬の途中で分別され濃縮されており,砂鉱床といわれる。金やスズ石,あるいはチタン鉄鉱(イルメナイト)など,溶けにくく,比重の大きい鉱物を含むものが多く,その採掘には独特な方法が行われる。河川敷や海浜などでは浚渫(しゆんせつ)船(採金船)によるドレッジングdredgingが,丘陵地などでは高圧ジェット水による切崩しと水流を利用した分別をする方法などが行われる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android