コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

研磨布紙 けんまふし

百科事典マイペディアの解説

研磨布紙【けんまふし】

研磨材粒子を膠(にかわ)などの接着剤で布や紙の表面に接着させた研磨工具の総称。研磨材としては溶融アルミナ(鉄,鋼の研磨用),エメリー(表面仕上用),炭化ケイ素(軟質金属の研磨用),ザクロ石(木材研磨用),ケイ石(雑用)などが用いられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

けんまふし【研磨布紙 coated abrasives】

研磨材の粒子または微粉を,にかわ,ゼラチン合成樹脂などの接着剤で綿布や紙などの可撓性基材の面上に均一に固着した研磨工具の総称。シート状(薄板状),ロール状の研磨布,研磨紙,耐水研磨布,耐水研磨紙,ベルト状の研磨ベルト,円板状の研磨ディスクなどがある。研磨紙は紙やすりまたはサンドペーパーsandpaper呼ばれることもある。耐水研磨布紙は,耐水処理をした布または紙基材と耐水性接着剤とを用いてつくったもので,水でぬらした状態で作業できる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

先輩証

文部科学省のOBなどが同省内に自由に出入りできる通行証のこと。同省の違法な天下りあっせん問題を受け、防止策の一環として2017年3月末で廃止(交付停止・使用禁止)となった。正式名称は「文部科学省先輩証...

続きを読む

コトバンク for iPhone

研磨布紙の関連情報