コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

硝酸銅 ショウサンドウ

デジタル大辞泉の解説

しょうさん‐どう〔セウサン‐〕【硝酸銅】

酸化銅硝酸に溶かして得られる深青色の結晶。三水和物または六水和物が普通。酸化剤として用いる。化学式Cu(NO32

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しょうさんどう【硝酸銅】

酸化数IIの銅塩が普通に知られている。化学式Cu(NO3)2。金属銅,酸化銅(II),塩基性炭酸銅を硝酸に溶かした溶液から3水和物として析出する。24.5℃以下では6水和物,-20℃以下では9水和物が安定である。3水和物は深青色で空気中で安定。比重2.04,融点114.5℃。水100gに対する溶解度は55.6g(20℃),62.0g(40℃)。金属銅は酢酸エチル中でN2O4と激しく反応し,Cu(NO3)2・N2O4を析出する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しょうさんどう【硝酸銅】

硝酸銅(Ⅱ)。銅の酸化物か炭酸塩を希硝酸に溶かして得られる青色の結晶で、三、六、九水和物がある。水・アルコールに可溶。化学式 Cu(NO32 花火の製造、ニッケルめっきなどに用いる。硝酸銅(Ⅰ)の存在は知られていない。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

硝酸銅の関連キーワードニッケルめっき塩基性炭酸銅二酸化窒素溶解度硝酸塩酸化物酸化可溶緑青