コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

硬膜外麻酔 コウマクガイマスイ

2件 の用語解説(硬膜外麻酔の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こうまくがい‐ますい〔カウマクグワイ‐〕【硬膜外麻酔】

脊髄神経を麻痺させるために、硬膜外腔局所麻酔薬を注入すること。全身麻酔の補助、手術後の疼痛(とうつう)の抑制、ペインクリニックなどに用いられる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

硬膜外麻酔
こうまくがいますい

局所麻酔の方法の一つで、脊髄(せきずい)の周囲に存在する硬膜外腔(くう)に局所麻酔薬を注入して脊髄に出入する神経を麻痺(まひ)させる方法である。針の穿刺(せんし)は腰椎(ようつい)麻酔と異なり、脊椎部のどの部位からも可能であり、とくに、仙骨裂孔から行うものは仙骨麻酔とよばれる。麻酔の範囲は注入された局所麻酔薬の量に左右される。この麻酔法によって得られる効果は腰椎麻酔とほぼ同様である。
 硬膜外麻酔は、薬の注入の様式によって1回注入法と持続法とがあり、後者はカテーテルを挿入留置して、ここから局所麻酔薬を随時注入する方法である。合併症としては、血圧下降、局所麻酔薬中毒、全脊椎麻酔などがあげられる。[山村秀夫・山田芳嗣]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の硬膜外麻酔の言及

【局所麻酔薬】より

…(4)脊椎麻酔 脊椎の硬膜下腔に注入。(5)硬膜外麻酔 硬膜と脊椎の間に存在する髄液に注入して,脊髄から出る前根および後根を麻痺させる。 局所麻酔薬は狭義にはコカインおよびコカイン代用薬である。…

【麻酔】より

…局所麻酔の種類には,(1)表面麻酔topical anesthesia,(2)粘膜表面に塗布する浸潤麻酔infiltration anesthesia,(3)狭義の局所麻酔(局所に浸潤注射する),(4)伝達麻酔conduction anesthesia(末梢神経の走行経路に局所麻酔薬を注射して神経伝達を遮断する。神経ブロックnerve blockとも呼ばれる),(5)脊椎麻酔spinal anesthesia(脊髄くも膜下腔に局所麻酔薬を注入して脊髄前根,後根を遮断する),(6)硬膜外麻酔epidural anesthesia(脊椎の硬膜外腔に局所麻酔薬を注入して脊髄前根,後根を遮断する)がある。 局所麻酔は,意識下で手術が可能であり,自発呼吸が維持されている,手術部位の確実な鎮痛が得られる,手術野の自発運動の抑制と手術侵害による自律神経反射の抑制などが利点となる。…

※「硬膜外麻酔」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

硬膜外麻酔の関連キーワード脊髄神経節硬膜神経麻痺脳脊髄神経硬膜外腔硬膜外腔内視鏡硬膜外内視鏡硬膜外ブロック脊椎麻酔局所麻酔薬 (local anesthetics)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

硬膜外麻酔の関連情報