碇・錨・矴・重石・沈石(読み)いかり

精選版 日本国語大辞典の解説

いかり【碇・錨・矴・重石・沈石】

〘名〙
① 船を留めておくために綱や鎖をつけて水底に沈めるおもり。古代は、「万葉」の表記に「重石」の例があるように単に石を用いたが、中古から近世初期までは鍵形の枝木に石を結びつけた木碇(きいかり)が主に使われ、以後は、鉄製の四爪碇(よつめいかり)が主に用いられた。アンカー。
※播磨風土記(715頃)餝磨「沈石(いかり)落ちし処は即ち沈石丘と号(なづ)け」
※万葉(8C後)一一・二七三八「大船のたゆたふ海に重石(いかり)おろし如何にせばかも吾が恋止まむ」
② 猫の首ひもの端につけ、ものにかけて引き留めるようにした碇型の具(枕草子春曙抄(1674))。
※枕(10C終)八九「猫の〈略〉いかりの緒、組のながきなどつけて引きありく」
③ 碇型の具。
(イ) 水中のものをひっかけて釣りあげるためのもの。
※雑俳・軽口頓作(1709)「とれました・いかり過分に御座ります」
(ロ) 壁面などにひっかけて、高いところにのぼるためのもの。
※室町殿日記(1602頃)五「塀のおほひに、くまで、いかりなどをうちかけうちかけのぼりける」
④ ①を模様化したもの。
※黄表紙・江戸生艷気樺焼(1785)下「肩に金てこ、裾にはいかり」
⑤ 紋所の名。①を図案化したもの。いかり、いかりかたばみ、よついかり、はないかりなどの種類がある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android