コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

碧霞元君 へきかげんくん Bi-xia yuan-jun

2件 の用語解説(碧霞元君の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

碧霞元君
へきかげんくん
Bi-xia yuan-jun

中国の東北部で広く民衆に信仰されていた神。伝説によれば元君とは東岳大帝 (山東省にある泰山の神) の娘とも,黄帝のつかわした女ともいわれているが,要するに山岳神の名称である。古くから五嶽の一つとして神秘と威厳をそなえていた泰山と道教の信仰が結びついて生れたもので,宋代にはすでに碧霞元君という名の廟が泰山に建てられている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

碧霞元君
へきかげんくん

中国における山岳崇拝の一中心地である、山東省泰(たい)山で祀(まつ)られた女神。宋(そう)の皇帝真宗(しんそう)が泰山で封禅を挙行したおり、山頂の池で手を洗うと池の中から女神の石像が浮かび上がったので、これを碧霞宮、つまり泰山の絶頂に祀ったという。その出自については諸説が伝えられ、泰山の主神である泰山府君の娘、あるいは孫であるとか、黄帝(こうてい)が泰山に派遣した7人の仙女のうちの1人であるなどとされる。また碧霞元君は子授けの霊験あらたかな女神として知られ、子のない婦人は争って泰山に参詣(さんけい)したが、その人気は主神の泰山府君を凌駕(りょうが)したとされている。[桐本東太]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

碧霞元君の関連キーワードおしら様艾蕪七福神城隍神武松民衆的阿波様パクチョイ城隍廟文昌神

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone