コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

確定利付証券 かくていりつきしょうけんfixed interest-bearing securities

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

確定利付証券
かくていりつきしょうけん
fixed interest-bearing securities

発行時に決められている一定の利子が,償還時まで必ず支払われる有価証券国債地方債政府保証債社債金融債などで利子証券ともいう。これに対し株式は企業の業績によって配当が増減したり,最悪の場合は無配当にもなるので,不確定利付証券という。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かくていりつき‐しょうけん【確定利付証券】

確定利付債

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

確定利付証券【かくていりつきしょうけん】

発行時に決められた一定の利子が償還期限まで年々確実に支払われる約束の有価証券。株式の配当率が各事業期の収益によって変動するのに対比して用いられることが多い。国債地方債社債金融債等のほとんどがこれである。
→関連項目応募者利回り

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

かくていりつきしょうけん【確定利付証券】

発行時に決めた一定の利子の支払いが償還時まで確約された有価証券。国債・地方債・政府保証債・金融債・社債などの大部分が該当する。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

確定利付証券
かくていりつきしょうけん
fixed income securities

一定期日に一定額の利子を支払うことをあらかじめ約束した有価証券をいう。国債・地方債などの公共債、金融機関の発行する金融債、一般事業債(社債)などがこれにあたる。これに対して株式や投資信託の受益証券などは、業績などに応じて不定額の配当が支払われるものであり、不確定利付証券とよばれる。確定利付証券が変動価格証券(その価格が変動する証券)のときは、証券の満期前に流通市場で売買され、その現在価値、すなわち時価が決定される。その場合、確定利付証券の受取利子額は確定しているので、時価は市場金利水準の変動につれ、逆方向に変動する(市場金利が上がれば時価が下がる)。[那須正彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

確定利付証券の関連キーワードリーマン・ブラザーズ株式投資信託証券市場大部分支払い

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android