コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

磁性流体 じせいりゅうたい magnetic fluid

3件 の用語解説(磁性流体の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

磁性流体
じせいりゅうたい
magnetic fluid

通常の磁石はすべて固体である。それに対し液体自身が強磁性体であるかのように見えるものをいう。代表的なのは,マグネタイト ( Fe3O4 ) の微粒子 (直径 100万分の 4cm) をオレイン酸などの界面活性剤を用いて安定に分散させ,水やトルエンなどの流体溶媒中に高密度で濁らせたものである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

じせい‐りゅうたい〔‐リウタイ〕【磁性流体】

界面活性剤を用いて水や油に磁性体の微粒子を分散させたもの。流体自体が磁性をもつように振る舞い、磁石に引き寄せられたり、磁極付近で磁力線に沿って突起を形成(スパイク現象)したりする。MR(magnetorheological)流体。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

磁性流体【じせいりゅうたい】

液状の磁性材料。水などの溶媒に,界面活性剤で処理したきわめて微細なマグネタイト(酸化鉄)を分散させて作る。見かけ上は,磁石を近づけると液体自体があたかも磁気を帯びているようにふるまう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内の磁性流体の言及

【磁性材料】より

…材料としてはニッケルを含む合金またはフェライトなどが用いられる。
[その他の磁性材料]
 磁性材料は大部分固体であるが,磁性流体と呼ばれる流体がある。これは流体のなかに100Å程度のきわめて細かいマグネタイトの微粒子を分散させたもので,粒子をこのように細かくするとコロイド状態になり,液体と粒子がほとんど分離せず,粒子は浮遊しつづけるようになる。…

※「磁性流体」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

磁性流体の関連キーワード永久磁石酸化物磁石電磁石蹄形磁石愛はすべての上に天の光はすべて星共変性の原理ころがり摩擦固定橋Cumulative GPA

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

磁性流体の関連情報