コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

礒又右衛門 いそ・またえもん

朝日日本歴史人物事典の解説

礒又右衛門

没年:文久3.7.15(1863.8.28)
生年:天明6(1786)
江戸後期の柔術家。天神真楊流柔術の開祖。伊勢国(三重県)松坂生まれ。紀州(和歌山)藩士で本名は岡本八郎治,のち幕臣礒家の家名を継いだ。15歳で京都に出て一柳織部に楊心流を学び,のちに真神道流を修行した。諸国修行中に近江草津で百余人の無頼漢と争い,「柔術は戦場では組み打ちを,治世には当て身を心掛けるべき」ことを悟ったとされ,2流を合して手数124手を定め,天神真楊流を創始した。甲冑をつけず,当て身技で相手を制するところに工夫があったといえよう。その後江戸に出て,神田お玉ケ池に道場を開き,5000人もの弟子がいたという。<参考文献>桜庭武『柔道史攷』

(藤堂良明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

礒又右衛門の関連キーワードグリュクスボー朝グリュックスボー朝中島名左衛門売られた花嫁ゲティスバーグウィグモアエルギン小松小太郎ハッパーヘーフェル

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android