コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

社会保障基金 しゃかいほしょうききんsocial security funds

2件 の用語解説(社会保障基金の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

社会保障基金
しゃかいほしょうききん
social security funds

国民経済計算上の概念で,社会全体あるいはその多くの部分を対象として社会保障給付を行うことを目的とし,公的機関によって加入が義務づけられ,支配を受けているか,資金の供給を受けている組織で,政府の他の活動から組織が分離し,資産,負債の所有も分離しているものをいう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しゃかいほしょう‐ききん〔シヤクワイホシヤウ‐〕【社会保障基金】

社会全体または大部分を対象に社会保障給付を行うことを目的とする組織で、法律により加入が義務付けられているもの。国の社会保険特別会計(年金・労働保険)、共済組合健康保険組合などがこれに相当する。→一般政府

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

社会保障基金の関連情報