コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

社会保障基金(読み)しゃかいほしょうききん(英語表記)social security funds

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

社会保障基金
しゃかいほしょうききん
social security funds

国民経済計算上の概念で,社会全体あるいはその多くの部分を対象として社会保障給付を行うことを目的とし,公的機関によって加入が義務づけられ,支配を受けているか,資金供給を受けている組織で,政府の他の活動から組織が分離し,資産負債所有も分離しているものをいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しゃかいほしょう‐ききん〔シヤクワイホシヤウ‐〕【社会保障基金】

社会全体または大部分を対象に社会保障給付を行うことを目的とする組織で、法律により加入が義務付けられているもの。国の社会保険特別会計(年金・労働保険)、共済組合健康保険組合などがこれに相当する。→一般政府

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android