コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

社会史論戦 しゃかいしろんせん Shè huì shǐ lùn zhàn

1件 の用語解説(社会史論戦の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しゃかいしろんせん【社会史論戦 Shè huì shǐ lùn zhàn】

1928年から30年代半ばにかけ中国社会の性質,中国史の発展段階をめぐって戦わされた論争。1927年の中国革命挫折は知識人に深い失望をもたらすと同時に,中国社会の現状をどう規定するか,中国革命の性格,対象,原動力,前途はどうか,いかに中国史を時代区分するか,についての論争を呼び起こした。論争はおもに《新思潮》(潘東周,王学文――中共派),《動力》(厳霊峰,任曙――トロツキー派),《新生命》(陶希聖),《前進》(陳公博),《新月》(胡適)などの雑誌上で行われ,《読書雑誌》(王礼錫,胡秋原)が4回も〈社会史論戦特集号〉(1931‐33)を出して最高潮に達するが,福建人民政府事変による同誌の廃刊で中断,のちに農村社会性質論戦として再燃する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

社会史論戦の関連キーワードソバージュ思い半ばに過ぐジェンダーフリー就職氷河期ベンチャロンマンボズボンジャバニカ米ベル友刃に掛ける猫は火事場にかけつける

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone