コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

社会史論戦 しゃかいしろんせんShè huì shǐ lùn zhàn

世界大百科事典 第2版の解説

しゃかいしろんせん【社会史論戦 Shè huì shǐ lùn zhàn】

1928年から30年代半ばにかけ中国社会の性質,中国史の発展段階をめぐって戦わされた論争。1927年の中国革命挫折は知識人に深い失望をもたらすと同時に,中国社会の現状をどう規定するか,中国革命の性格,対象,原動力,前途はどうか,いかに中国史を時代区分するか,についての論争を呼び起こした。論争はおもに《新思潮》(潘東周,王学文――中共派),《動力》(厳霊峰,任曙――トロツキー派),《新生命》(陶希聖),《前進》(陳公博),《新月》(胡適)などの雑誌上で行われ,《読書雑誌》(王礼錫,胡秋原)が4回も〈社会史論戦特集号〉(1931‐33)を出して最高潮に達するが,福建人民政府事変による同誌の廃刊で中断,のちに農村社会性質論戦として再燃する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

社会史論戦の関連キーワード斎藤寅次郎島津保次郎清水宏マキノ雅広五所平之助衣笠貞之助田坂具隆稲垣浩小津安二郎キャプラ

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android