コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

社会的選択理論 しゃかいてきせんたくりろん social choice theory

1件 の用語解説(社会的選択理論の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しゃかいてきせんたくりろん【社会的選択理論 social choice theory】

社会を構成する各個人が社会状態に対してもつ厚生(主観的満足の数値的尺度)判断に基づいて,社会的厚生判断を形成するプロセスないしルールの構造を論理的に解明する研究分野の理論。経済学,政治学,道徳哲学,数理科学など,多領域の研究者によって精力的に開拓されてきている。 たとえば,単純多数決ルールは,個人的判断を社会的判断へと集計する代表的ルールの一つである。ところでこのルールは,各個人が矛盾のない判断を表明していても,それらを集計した社会的判断が循環的矛盾を生むという〈投票のパラドックス〉の可能性を含むという事実が,古くフランスの啓蒙思想家M.J.A.N.deコンドルセにより発見された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

社会的選択理論の関連キーワード原始社会高齢化社会個人心理学社会過程個人実社会社会化社会人成熟社会細胞骨格タンパク質

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

社会的選択理論の関連情報