社会的選択理論(読み)しゃかいてきせんたくりろん(英語表記)social choice theory

世界大百科事典 第2版の解説

しゃかいてきせんたくりろん【社会的選択理論 social choice theory】

社会を構成する各個人が社会状態に対してもつ厚生(主観的満足の数値的尺度)判断に基づいて,社会的厚生判断を形成するプロセスないしルール構造を論理的に解明する研究分野の理論。経済学,政治学,道徳哲学,数理科学など,多領域の研究者によって精力的に開拓されてきている。 たとえば,単純多数決ルールは,個人的判断を社会的判断へと集計する代表的ルールの一つである。ところでこのルールは,各個人が矛盾のない判断を表明していても,それらを集計した社会的判断が循環的矛盾を生むという〈投票パラドックス〉の可能性を含むという事実が,古くフランスの啓蒙思想家M.J.A.N.deコンドルセにより発見された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

社会的選択理論の関連情報