祝い肴(読み)いわいざかな

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

いわいざかな【祝い肴】

祝い膳に出される酒の肴(さかな)。鯛や鯉(こい)をよく用いる。ほかに代表的なものとして、おせちの祝い肴があり、関東では、黒豆数の子ごまめ、関西では黒豆またはごまめ・数の子・たたきごぼうの3種を用いる。鯛は、その形や色合いが好まれ、「めでたい」の語呂合わせも手伝って、また、鯉は「鯉の滝登り」が出世や栄転を思わせることから、古くから祝い膳に供された。おせちの祝い肴のそれぞれにも、たとえば黒豆には「まめに暮らせるように」など、さまざまな願いが込められている。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

いわい‐ざかな〔いはひ‐〕【祝い×肴】

祝いの膳に用いる、酒の肴。正月料理の場合には、関東では黒豆・数の子・ごまめ、関西では黒豆またはごまめ・数の子・たたきごぼうを用いることが多い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

祝い肴
いわいざかな

祝い膳(ぜん)に用いる酒の肴。単品のもの、または何品か盛り合わせて一つの器に納めているものもある。タイ、コイ、エビなどは古くからめでたい魚として用いられる。室町時代、食礼式ができたときには、鯨肉が最上位に用いられていた。成長により呼称の変わるブリ、ボラは出世魚の名で祝い肴に用いる地方がある。関西ではヤガラという魚を用いるが、これは漢字で戴帽魚と書き、大宝魚に通じるからである。黒豆、昆布、田作り、数の子なども用い、また、イモ、ダイコンなどで鶴亀(つるかめ)の姿を形づくることもある。[多田鉄之助]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

タピオカドリンク

中国茶や紅茶などに球状のタピオカを入れた台湾発祥の飲料。「タピオカティー」とも呼ばれ、米国やアジア諸国で人気を集めている。日本では1990年代に台湾のチェーン店が進出して以来、若い女性を中心に幾度もブ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android