(読み)ウツボ

デジタル大辞泉の解説

うつぼ【×鱓】

ウツボ科の海水魚。全長約90センチ。体色は黄褐色の地に暗褐色の不規則な横じまがある。本州中部以南の岩礁にすむ。食用。皮はなめし革とする。きだこ。
ウナギ目ウツボ科の海水魚の総称。体はウナギ形で側扁し、腹びれと胸びれがなく、うろこもない。岩礁や海底にすみ、夜行性。一般に貪食(どんしょく)で、タコの天敵といわれる。日本近海に約50種が知られ、沖縄諸島以南に多い。

ごまめ【×鱓】

カタクチイワシの幼魚を干したもの。また、それをいって、砂糖・醤油・みりんを煮詰めた汁の中に入れてからませたもの。正月料理に使う。たづくり。ことのばら。 新年》「噛(か)み噛むや歯切れこまかに―の香/東洋城

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うつぼ【鱓】

ウナギ目ウツボ科の海魚の総称。全長50~150センチメートル。体形はウナギに似るが太く、胸びれと腹びれがない。ウツボ・トラウツボ・ゴイシウツボなど日本近海に約40種がいる。温帯・熱帯海域に広く分布。
の一種。全長約90センチメートル。からだは細長く、やや側扁する。体色は暗褐色で、淡色の不規則な横縞の斑紋がある。皮膚は厚くてたるむ。鋭い歯をもち凶暴。夜行性で小魚やタコなどを食う。肉は食用ともなり、皮はなめして使う。本州中部以南の岩礁域に分布。ナマダ。ウージ。

ごまめ【鱓】

カタクチイワシを素干しにしたもの。正月など祝儀に用いる。田作り。 [季] 新年。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

鱓 (ウツボ)

動物。ウツボ科の魚の総称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

うつぼ【鱓】

〘名〙 ウツボ科の海魚。形はウナギに似るが、体は側扁し、胸びれと腹びれがない。全長八〇センチメートルくらいになる。黄褐色の地に黒褐色の横じまがある。口は大きく歯が鋭い。琉球列島を除く南日本の沿岸の岩礁にすむ。タコなどの動物を捕食。皮膚はなめし皮になる。一部の地方で食用にする。きだこ。なまだ。かたうなぎ。〔重訂本草綱目啓蒙(1847)〕

ごまめ【鱓】

〘名〙 片口鰯(かたくちいわし)を真水で洗って干したもの。まめ(健全)の意の連想から、祝儀、正月の料理などに用いる。たづくり。ことのばら。《季・新年》 〔塵芥(1510‐50頃)〕
※浮世草子・世間胸算用(1692)一「春の用意とていかな事、餠ひとつ小鰯(ゴマメ)一疋もなし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android