コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウツボ

デジタル大辞泉の解説

うつぼ【×鱓】

ウツボ科の海水魚。全長約90センチ。体色は黄褐色の地に暗褐色の不規則な横じまがある。本州中部以南の岩礁にすむ。食用。皮はなめし革とする。きだこ。
ウナギ目ウツボ科の海水魚の総称。体はウナギ形で側扁し、腹びれと胸びれがなく、うろこもない。岩礁や海底にすみ、夜行性。一般に貪食(どんしょく)で、タコの天敵といわれる。日本近海に約50種が知られ、沖縄諸島以南に多い。

ごまめ【×鱓】

カタクチイワシの幼魚を干したもの。また、それをいって、砂糖・醤油・みりんを煮詰めた汁の中に入れてからませたもの。正月料理に使う。たづくり。ことのばら。 新年》「噛(か)み噛むや歯切れこまかに―の香/東洋城

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うつぼ【鱓】

ウナギ目ウツボ科の海魚の総称。全長50~150センチメートル。体形はウナギに似るが太く、胸びれと腹びれがない。ウツボ・トラウツボ・ゴイシウツボなど日本近海に約40種がいる。温帯・熱帯海域に広く分布。
の一種。全長約90センチメートル。からだは細長く、やや側扁する。体色は暗褐色で、淡色の不規則な横縞の斑紋がある。皮膚は厚くてたるむ。鋭い歯をもち凶暴。夜行性で小魚やタコなどを食う。肉は食用ともなり、皮はなめして使う。本州中部以南の岩礁域に分布。ナマダ。ウージ。

ごまめ【鱓】

カタクチイワシを素干しにしたもの。正月など祝儀に用いる。田作り。 [季] 新年。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

鱓 (ウツボ)

動物。ウツボ科の魚の総称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

鱓の関連キーワードなめし革揚州八怪黄褐色歯軋りウージナマダ暗褐色動物温帯全長海魚分布横縞斑紋体色淡色体形

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android